これだけダイエット

ストレスで1年で50kg増量!?

商売をしていると良い時よりも悪い時の方が長くつらいもの。加えて人を使ったり交渉したりすると猶更ストレスは高まるばかり。
孤立無援に感じることも多々あり、暴飲暴食に逃げる日々。
おかげで6年ほど前に1年で50㎏増量してしまいました。
今までにも何度もダイエットに成功していたので「まだ大丈夫」と思っていましたが、とあるお店でトイレに入ってビックリ!!
洋式トイレが埋まっていて和式トイレしかなかったので仕方なくそこで用を足そうとズボンを下ししゃがもうとしたその瞬間、便座よりはるか上空で下腹が太ももに閊えてそれ以上しゃがめない事が判明!!
この時はさすがに焦りました。
ようやくこの時点で自分がとんでもない肥満体になっていることを自覚したのです。
そこでご縁もあって飲食店を始めました。

それでも運動無しで?!

そこまで太ってしまうと運動はかえって足を痛めるだけなのも経験から知ってました。
ダイエットで初めに取り組むべき問題は「自分は日常生活に支障があるほどのデブである」と自覚することが重要です。
この自覚が甘いと和式トイレに遭遇する前の私と同じで「何も問題はないから今のままで大丈夫!」となります。
周囲の人が「体に悪いから痩せた方が良いよ。」と言っても「痩せたいけど無理なんですぅ」とか言ってしまうはず。
ではどうすればダイエットを始めることが出来るのでしょうか?
本人が自覚するまで放置が一番です。
「それでは家族が困る!」と言う方も多いかと思いますので上手に自覚させる方法もお伝えしましょう。

まずは心の問題を紐解く

太っている人の特徴は次の通り
①友達が少ない
②孤食がち
③味が濃い物が好き
④早食い
⑤よく飲料を飲む(アルコールやジュース、お茶、コーヒーなど)
⑥食事しながらテレビやネットを見る
⑦お菓子を良く食べる
⑧自己肯定感が低い
⑨夜更かし

大体こんな感じではないでしょうか?
太る原因の一番は心の問題で「自分は一人で戦っている」と感じていることが多いことです。
家族やパートナーが居ても心が寂しいのです。
なので一番重要なことは話を聞いてあげることからなのです。
私の場合、沢山の仲間に囲まれて日々楽しく過ごしていたはずなのに全ての仕事が私一人に圧し掛かっていると内心孤独と不満を抱えていました。
そのため「いつでも一人でも戦うために栄養を備蓄しなければ!」と無意識に考えていたような気がします。
ここを理解して、「あなたは一人で戦っているのでは無いですよ。」と安心させるメッセージを何度も何度も伝えることが周囲の人に出来ることです。
それでも疑り深い人はなかなか心のガードを外しませんが根気よく続けるしかありません。
「こんなに応援してくれるのに自分は何も努力していない。申し訳ない。」と本人が感じ始めるまで続けるしかないのです。
それが無理ならプロのカウンセラーをお願いすると良いかもしれません。

心の壁が取れたらゴールは近い?!

実はダイエットの中で一番苦しいのはこの『自分は必要以上に太っている』と言う自覚をすることです。
これさえ出来てしまえば後は簡単です。
上記の太っている人の特徴の反対を実行すればよいのです。
と言ってもそもそも友達作りが苦手だから孤独になった挙句太ったとも考えられるので至難の業かもしれません。
そこで私が実行した簡単な方法をお伝えしましょう。

食事ダイエットの基本

①空腹を知る

まずは食事でダイエットをして軽い運動が出来るようになります。
とりあえず「空腹を思い出す」ことから始めます。
一日に16時間以上食べ物を口にしない時間を作ります。
ファスティングというやつです。
前日の夕食から翌日の最初の食事まで何も食べない時間を16時間確保します。
初めは8時間(ほぼ睡眠時間)くらいから徐々に時間を空けて行き「空腹と言う感覚を思い出す」のです。
これを2週間以上続けると徐々に胃袋が小さくなり始めます。
食べ物も量も今まで通りで構いません。とにかく空腹な時間を作ることが先決です。

②食事の速度

初めに自分の身長の適正体重の人が食べる量を調べます。当然それだけでは少ないと感じると思います。そこで食べたいだけの量を用意します。ただし適正体重の人の1食分ごとに皿を分けておきます。お菓子も同様です。その一皿ごとに15分以上かけて食べるのです。
こうすることで満腹中枢が刺激され途中で食欲が減退し始めます。
これを2週間続けます。徐々に食べ続けることが面倒くさくなります。
また甘いお菓子は14時までの食事と一緒に食べます。
間食は全て食事と一緒に摂取します。

③栄養バランスとクエン酸を利用する

当店でも人気の大分特産カボスは梅干に続いて世界2位のクエン酸含有量。クエン酸は脂肪から燃焼してくれるので痩せやすくなります。
また当店の料理のように毎日30種類以上の食材を摂取するよう心がけます。
こうすることで満足感が最大となり過剰に食べたいと思わなくなります。

④太っているのは企業のせい

どの食品も売れている物は中毒性が高いものばかり。少しでも耐性が低い人は中毒になってしまいそんな食品をハードリピートしてしまいます。
現代の肥満はほとんどが孤独と中毒を支配する企業の仕業ではないかと考えています。
出来るだけ中毒性の高い調味料や食品は食べないようにします。

当店の場合どんな調味料や食材を使用しているのかはこちらでご確認頂けます。

⑤睡眠時刻はこの3時間を外さない!!

夜更かしタイプの方は肥満率が高いようです。
肥満は日々体内で炎症を起こしているもの。つまり修復が大事なのです。23時~2時までの3時間に修復してくれる成長ホルモンが最大になります。この時間帯に睡眠を摂っておかないと肥満による病気になりがちです。
必ずこの時間帯には寝ていましょう。
目を閉じてじっとしているだけでも構いません。
寝る30分前に入浴を済ませておくと入眠しやすくなります。

⑥体重が減ってきたら軽い運動を

5kgほど減量すると重力が軽く感じて運動することが楽しくなってきます。
走ったりしなくても一日に7000歩以上歩くとますます早く脂肪が燃焼します。
カボス果汁を炭酸で割ったドリンクを飲んで運動するとより効果的です。

⑦歯磨きを食後にする

歯を磨くとその後に食べ物を口に入れたくなくなります。この作用を利用しましょう。

⑧食事日記を付ける

最近の私はずぼらなのでしませんが、何をいつどれくらい食べたのかを記録するだけで痩せることが出来ます。こちらは17年前に実践し2か月で8kg減量に成功しました。

⑨言葉を大事にする

意外に思われるかもしれませんが肥満の方は自覚が無いかもしれませんが「イラっと」する回数が多いのです。自分でも意識していないのに余計なことを口走ったり、尊大な態度をとって相手を威嚇したりしています。
これもホルモンで説明がつく話ですが相手はそうは考えてくれません。これがますます孤独を深める原因になるのです。
なので出来るだけ丁寧な話し方をし、適切な言葉を使い人に接しましょう。
これだけで驚くほど人生が楽しくなります。

⑩適切な減量は一日250g前後

体重が減ってくると楽しくなって無理な減量をしようとします。
ですが体には恒常性が備わっているためリバウンドします。
リバウンドしない減量は一日250g前後です。それでも1か月に7.5kgも減量できるのです。
逆に適正体重以下に落とそうとすると極度に減量速度が落ちます。
その時は1か月に2kgくらいになります。
無理に急ぐとリバウンドして何もかにもが水泡と帰します。

以上が私が実践しているダイエット法です。
いかに自分の脳と体を満足させながら美しく痩せるかが重要です。
苦しむ必要はありません。
ちなみにダイエットの途中から空腹感が幸福感に変化します。
空腹になると楽しくなるのです。
こうなれば後は自動運転と同じようなもの。
楽しいダイエットライフをお過ごしください。
栄養バランスが難しい方にはダイエット料理の全国宅配をしていますのでお問い合わせください。自炊でも問題なく可能ですよ。